研究計画作成のガイドライン

 

7月5日にUJCでは「研究計画作成のガイドライン」をテーマにセミナーが行われました。

セミナーの講師は、ウズベキスタン中央銀行内部統制部次長でJDS(人材育成奨学計画)プログラムで立命館大学に留学し(2011-2013)、修士号(Master in Economic Development)を取得したアジズ・アバソフ氏でした。

アバソフさんは日本の奨学金制度の複雑な選考プロセスについて説明した後、日本とウズベキスタンでの教育や研究の違いについて自らの経験を語りました。セミナー参加者は、日本の大学院での研究について具体的で実践的な情報を得ることができました。 

 

 

 

< >
<
>